忍者ブログ   
admin
  北海道の美味しい楽しい情報を お知らせします!
                       
   

私も参加してます。応援よろしくね。→ 人気blogランキングへ

先週末、昔のメンバーが札幌に集うとのこで、札幌遠征してきました。
場所は、ノルベサ近くのビルにある
11132436.jpeg8c6dd1de.jpeg
上川の豚南3条店です。
◎◎ゲファイヤーT氏が安さを決め手に選定してくれました。
店内に入りますと大人数が入れるお店ですが、人気のお店の様で満席な
状況でした。
まずはメニューの一部から
926201b3.jpeg7d1a6b58.jpeg
豚もつ串が¥90~と安いですね。
ドリンクは、クーポン利用で¥980飲み放題にしました。
では、人気の串物から
78920199.jpegd1839532.jpeg
白もつ串と赤もつ串です。
新鮮な豚のもつですので、ジューシーな感じで美味しいです。
a73a6c2e.jpeg30979324.jpeg
すじ串とつくねです。
お酒にあうすじ肉と工夫されたつくねです。
6d5b77eb.jpeg
白もつ鍋ですが、柔らかいもつとスープが美味しいですね。
36e81503.jpeg
もつ焼きですが、画像からももつの新鮮さがわかると思います。
8ff6605d.jpeg4e9874e2.jpeg
もつの唐揚げやラーメンサラダなどを頂きました。
このお店、チェーン店だとは思いますが、新鮮な豚もつを中心に安価で
美味しく提供してくれているのが人気の秘密でしょう。

さて、この日ですが、久々に集まったメンバーで盛り上がったためか、
この後、スナック→何故かバッティングセンター→寿司屋とはしごし、
小樽行きの最終電車に乗って帰ろうしましたが、タッチの差で乗り遅れ
ました。(涙)
しかたなく、手稲行き最終に乗って、手稲からタクシーとなってしまい
ました。(ショック)
今度からは盛り上がっても余裕ある行動を取りたいと感じた日でした。

店  名:上川の豚 南3条店
住  所:札幌市中央区南3条西4-20五番街ビル8階

地図はここ
banner2.gif ←ポチッとクリック応援よろしくね。

拍手[0回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
あ!
札幌にいる!!って思ったらバッティングセンターに??なんと?!
食べて飲んで動いて食べて、乗り遅れて…(/_;)

それはショックです~。。。

でも楽しそうな内容でなんかいい感じですよ~!!ひゃひゃひゃ^^
eru 2009/07/14(Tue)11:26:54 コメントの編集
     
      
eruさんへ
こんばんは!。
また札幌にいました。(笑)
でも、最終列車に乗り遅れはショック
でしたよ!。
ビアガーデンの季節が近づいて来ましたね!。
【2009/07/16 22:35】
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
  カウンター
  今何人見てるかな?
  今日は何位?
↓クリックしてね。私も参加してます。
banner2.gif←人気blog
 ランキングへ

  カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 14 15
17 18 19 21 22
24 25 26 27 28 29
30 31
  最近のコメント
[07/08 お名前名無さん]
[07/03 地元のケニア]
[01/04 蕎麦飲みケニア]
[11/03 震えるケニア]
[10/08 雪だるま]
  プロフィール
FFMとはFoodFighter Mの略称です
HN:
FoodFighter M
性別:
男性
自己紹介:
           OKUSAMA
           あーにゃん(娘)
           との3人家族。
      
過去記事は現在と違うことが
ありますのでご注意下さい!
  FoodFighter Mさんへ
  ブログ内検索
  FFMの食べログ版
  食べログとリンクしてみました。     …追加情報もありますよ!。…
  携帯からアクセス
  ランキング情報
  ランキングの推移がわかるよ!
  サイトマスター
  NINJABLOG
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) FFM北海道情報局 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++