忍者ブログ   
admin
  北海道の美味しい楽しい情報を お知らせします!
                       
   
私も参加してます。応援よろしくね。→ 人気blogランキングへ 

この前のことですが、R&RおやじIをはじめとする異業種の集まりがあり
最後に訪れた店が
s-IMG_3260.jpgs-IMG_3261.jpg
鮨六食堂です。
まずは、メニューを見てみましょう!。
8f176652jpeg
e873d87djpeg
4b5869dajpeg
1個¥100からと料金をはっきり明示していて安心です。
鮨以外のメニューもありますね。
では、みんながつまんだ鮨を一気に紹介しましょう!。
9774ba01jpeg
d02ffc6cjpeg
  ホッキ(¥230×2)タコ(¥100×2)         玉子(¥100×2)
8218c88cjpeg
a6cd476djpeg
       カッパ(¥150)               カンパチ(¥230×2)
04e5cb66jpeg
48a3b566jpeg
       中トロ(¥330×2)              うに(¥430×2)
割り勘で行ったのですが、最後の中トロとうにを食べたのは私です。
両方とも美味しかったですよ!。うには増毛産のバフンウニでした。
軽く飲んで摘んで帰る。これが良いのです。
ここの横山店長とは、お互い独身の時から10数年来の付き合いです。
d265f039jpeg
863aa3ffjpeg
横山店長との出会いは、1回目の旭川転勤になった際、友人とサンロクで
飲んだ後、SUSI-HOUSE鮨六に行ったのが始まりでした。
旭川転勤前は、小樽・倶知安に住んでいて、小樽の鮨屋に行っていたので
すが、当時の小樽の鮨屋は、飲んだ後カウンターで食べるものなら、いく
らかかるかわからない、価格表示がないか時価でした。
ですから、カウンターでお好みで食べると言うのは、一種のステータスだ
と思っていたのです。
ところが、友人に連れられ、カウンターに座り、お好みで食べ出したので
「おまえ大丈夫なの?」と友人に聞くと、「メニューを見てみれ!回転鮨
みたいなもんだろう?」と言われたのです。
旭川では、当たり前だったのかもしれませんが、私には、値段が解らない
鮨屋のカウンターでのイメージを変えたのでした。
その時、握っていたのが、当時まだ腹も出ていない横山だったのです。
当時は、スナック全盛で、飲み屋のおねーちゃんもよく来て、さながら鮨
を握るメンパブの様に美味しく楽しかったのでした。
その横山も今では店長となり、恰幅も良くなりました。
今も美味しく楽しい鮨六です。
値段がはっきりしているので、財布の中身に合わせて食べられます。
飲んだ後小腹が空いたら、ラーメンも良いですが、鮨を2,3個を摘んで
帰るのも良いですよ!。
横山店長!今後ともよろしくね。
店  名:鮨六食堂
住  所:旭川市4条通7丁目右1
場所はココ banner2.gif 
←ポチッとクリック応援よろしくね。

拍手[2回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
  カウンター
  今何人見てるかな?
  今日は何位?
↓クリックしてね。私も参加してます。
banner2.gif←人気blog
 ランキングへ

  カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  最近のコメント
[07/08 お名前名無さん]
[07/03 地元のケニア]
[01/04 蕎麦飲みケニア]
[11/03 震えるケニア]
[10/08 雪だるま]
  プロフィール
FFMとはFoodFighter Mの略称です
HN:
FoodFighter M
性別:
男性
自己紹介:
           OKUSAMA
           あーにゃん(娘)
           との3人家族。
      
過去記事は現在と違うことが
ありますのでご注意下さい!
  FoodFighter Mさんへ
  ブログ内検索
  FFMの食べログ版
  食べログとリンクしてみました。     …追加情報もありますよ!。…
  携帯からアクセス
  ランキング情報
  ランキングの推移がわかるよ!
  サイトマスター
  NINJABLOG
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) FFM北海道情報局 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++