忍者ブログ   
admin
  北海道の美味しい楽しい情報を お知らせします!
                       
   

私も参加してます。応援よろしくね。→ 人気blogランキングへ

あさぶろネットでご一緒したバーバーさんから情報を頂きました。
ブログを始めた頃は、情報が入ると速やかに取材活動しておりましたが
最近はボチボチとなっておりました。
今回は、初心に戻り速やかな取材活動を行うことにし、丁度、飲み会が
あったので、強引にそのお店に行くことにしました。
IMG_4043.jpg
らく天です。
過去報告のみよ福の隣でした。
お店を紹介していた動画は↓こちら!。

1階がカウンター席で2階が小上がりとなっており、2階に案内されました。
メニューは
IMG_4028.jpgIMG_4029.jpg
おでんと焼鳥を中心に
IMG_4030.jpg
創作和食のお店です。
まずはお通し
IMG_4031.jpg
では次々と報告します。
IMG_4032.jpg
おでん盛り合わせです。
薄味ながらも味が良く染みてます。
IMG_4035.jpg
美味しかったので追加です。
玉子がメチャ旨です。
31c6d8bc.jpeg
生のりのおでんです。
濃厚な海苔の風味が絶品でした。
IMG_4033.jpg
焼鳥盛り合わせです。
IMG_4037.jpg
こちらも追加しました。
鳥もつ、精肉、青じそつくねです。
ジューシーで大きな串です。
串焼きと表現した方が良いでしょうか。
創作料理は
IMG_4036.jpg
春巻きの皮のパリパリピザです。
IMG_4039.jpgIMG_4034.jpg
海鮮サラダラムロースのたたきです。
〆は
IMG_4040.jpg
寿司7貫です。
IMG_4041.jpgIMG_4042.jpg
この内容で¥880はお得です。
ごちそうさまでした。
帰り際1階カウンターは、満席状態で、やはり人気なお店です。
今度はカウンターに座り、焼鳥とおでんで一杯やりたいです。
店  名:らく天
住  所:小樽市稲穂2丁目13-16
 地図はここ banner2.gif
←ポチッとクリック応援よろしくね。

拍手[1回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
あぁー「らく天」さん行ったんですね嬉しい
そして羨ましい(笑)
どれも美味しそうですが、僕もその玉子食べてみたい!
おでん、焼鳥、寿司どれもいいっすね
FFMさんありがとうございます。
早く、僕もらく天さん行きたい


バーバー URL 2010/03/23(Tue)00:32:26 コメントの編集
     
      
バーバーさんへ
こんばんは!。
良いお店のご紹介ありがとうぎざいました。
私的には、おでんの生のりと卵が特徴的に
美味しかったです。
是非、お越し下さいね!。お待ちしてますよ!。
【2010/03/24 21:30】
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
  カウンター
  今何人見てるかな?
  今日は何位?
↓クリックしてね。私も参加してます。
banner2.gif←人気blog
 ランキングへ

  カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 9 10
12 13 15 16 17
19 20 21 23 24
26 27 28 29 30
  最近のコメント
[01/04 蕎麦飲みケニア]
[11/03 震えるケニア]
[10/08 雪だるま]
[08/17 ブタ店長]
[07/21 突撃ケニア]
  プロフィール
FFMとはFoodFighter Mの略称です
HN:
FoodFighter M
性別:
男性
自己紹介:
           OKUSAMA
           あーにゃん(娘)
           との3人家族。
      
過去記事は現在と違うことが
ありますのでご注意下さい!
  FoodFighter Mさんへ
  ブログ内検索
  FFMの食べログ版
  食べログとリンクしてみました。     …追加情報もありますよ!。…
  携帯からアクセス
  ランキング情報
  ランキングの推移がわかるよ!
  サイトマスター
  NINJABLOG
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) FFM北海道情報局 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++