忍者ブログ   
admin
  北海道の美味しい楽しい情報を お知らせします!
                       
   

私も参加してます。応援よろしくね。→ 人気blogランキングへ

この3連休、実家の方へ行っておりました。
行った日の昼が、ちょうど岩見沢だったので、久しぶりに食べたいそば屋へ行きました。
IMG_4962.jpgIMG_4963.jpg
かまだ屋です。今回は志文店でしたが、市内に数店舗あります。
見沢・近郊のソウルフード的そば屋です。
メニューは
IMG_4972.jpg
昔々からみると値段が推移していますが、立ち食いそばより安いです。
昔はなかった
IMG_4964.jpg
食券を購入して、丸椅子のカウンター席で食べます。
では、OKUSAMAが食べた
IMG_4966.jpg
                                     きつねそば(¥290)
味の浸みたアゲとたっぷり新鮮なネギが入ります。つゆは優しい感じです。
娘は
IMG_4967.jpg
                                   天ぷらそば(¥290)
ころもだけの天ぷらですが、大きくてつゆに混ざりやすく、懐かしく美味しいです。
そして私は
IMG_4969.jpg
そば3S+ライスとカレー
IMG_4968.jpg
                                     そば3S(¥370)
IMG_4970.jpg
3Sとは、天ぷら+あげ+玉子です。
¥40のトッピングが2種類追加で、この店一番の高級メニューです。
IMG_4965.jpg
                                     ライスとカレー(¥140)
たくわんを添えられたライスに、カレーうどんのカレーだけがのります。
もしかしたら、日本一安いカレーライスかもしれません。
IMG_4971.jpg
この食べ方は、昔は無かったような気がしますが、意外とスパイシーさを感じるカレーです。
岩見沢の商店街が賑わっていた子供の頃は、小銭でおやつの様に食べていた記憶があります。
今は、郊外に店が多いようですが、次から次へと、老若男女とわず多くの人が訪れる岩見沢のソウルフードです。
店  名:かまだ屋志文店
住  所:岩見沢市志文町309
 地図はここ banner2.gif
←ポチッとクリック応援よろしくね。

拍手[5回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
ばんえいがなくなってから
岩見沢へ行ってないのですが
いかにも岩見沢らしい店って感じがします
□地&○地 URL 2010/10/14(Thu)22:05:10 コメントの編集
     
      
□地&○地さんへ
初めましてこんばんは!。
そうですね。岩見沢のソウルフードでしょう。
ばんえい競馬も岩見沢の風物詩だったんですけどね。
【2010/10/16 20:42】
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
  カウンター
  今何人見てるかな?
  今日は何位?
↓クリックしてね。私も参加してます。
banner2.gif←人気blog
 ランキングへ

  カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  最近のコメント
[11/05 あならいざ]
[11/05 あならいざ]
[10/09 あならいざ]
[07/08 お名前名無さん]
[07/03 地元のケニア]
  プロフィール
FFMとはFoodFighter Mの略称です
HN:
FoodFighter M
性別:
男性
自己紹介:
           OKUSAMA
           あーにゃん(娘)
           との3人家族。
      
過去記事は現在と違うことが
ありますのでご注意下さい!
  FoodFighter Mさんへ
  ブログ内検索
  FFMの食べログ版
  食べログとリンクしてみました。     …追加情報もありますよ!。…
  携帯からアクセス
  ランキング情報
  ランキングの推移がわかるよ!
  サイトマスター
  NINJABLOG
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) FFM北海道情報局 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++