忍者ブログ   
admin
  北海道の美味しい楽しい情報を お知らせします!
                       
   
私も参加してます。応援よろしくね。→ 人気blogランキングへ

ジンギスカンの話が続きましたので、もう一つ報告します!。
よく行くレンガ横町にある
IMG_5649.jpg
ジンギスカンじん平です。
屋台ですので、カウンターのみとなります。
メニューですが
IMG_5642.jpg
ジンギスカンメニュー以外にも
IMG_5644.jpg
本日のおすすめメニューもあります。
まずは
IMG_5643.jpg
手作りのお通しです。そして、お肉の準備ができました!。
IMG_5645.jpgIMG_5646.jpg
生ラムロースジンギスカン2人前です。
IMG_5647.jpg
昔ながらのジンギスカン鍋をじっくり脂で焼いて、鍋周辺に野菜をのせ
てから、肉を焼きます。
IMG_5648.jpg
肉厚で柔らかいです。いくらでも食べられます。
当然、追加して食べてしまいました。
ジンギスカンを食べて、レンガ横町のはしごも良いですよ!。
店  名:ジンギスカンじん平
住  所小樽市稲穂1丁目4-15 おたる屋台村レンガ横
地図はここ
banner2.gif ←ポチッとクリック応援よろしくね。

拍手[3回]

PR
   
  
   
   
                       
   
私も参加してます。応援よろしくね。→ 人気blogランキングへ

桜の季節になりましたが、少し寒い日が続きます。
函館へ桜を見に行きましたが、やはり、花見でジンギスカンを食べたい
ところです。
先日の暖かい日に、焼肉レストランさくらの屋外コーナーへ家族で行ってきました。
IMG_5728.jpgIMG_5729.jpg
過去の屋内時の記事はこちら
桜は見頃でした。
IMG_5731.jpgIMG_5732.jpg
屋外コーナーのメニューは
IMG_5727.jpg
屋内と料金は同じかな。
まずは、注文します。
IMG_5733.jpg
                               生ラムジンギスカン(¥1500×3)
IMG_5735.jpgIMG_5734.jpg
おにぎりと大ライス。
IMG_5738.jpg
大きな鉄板のある席でいただきます。
IMG_5736.jpgIMG_5737.jpg
火力も大きいので一気に焼き上がりますので、焼具合のコントロールが
重要です。
桜の下でジンギスカンは雰囲気が美味しさを増しますね。
ここで、笑い話をひとつ。
バイトのお兄ちゃんに、日本酒の燗(かん)を注文しました。
1合瓶の冷の日本酒がきました。
「注文したの冷でなく燗(かん)だよ!。」とお兄ちゃんに伝えると
「エッ!缶(かん)ですか?」とジェスチャーで応えられた。
思わず、吹き出しそうになりましたが、「熱燗だよ!」と再度説明する
と、やっと理解してもらえました。(笑)
IMG_5741.jpg
食べ終わった頃にはすっかり暗くなり、ライトアップの夜桜を鑑賞して
帰りました。
桜はやっぱり良いですね!。
店  名:焼肉レストランさくら
住  所小樽市新光5丁目18-2
地図はここ
banner2.gif ←ポチッとクリック応援よろしくね。

拍手[2回]

   
  
   
   
                       
   
私も参加してます。応援よろしくね。→ 人気blogランキングへ

小樽で¥3000以下の宴会をしようと思っても、なかなかお店が見つかりません。
ところが、都通りアーケード街に¥3000で宴会ができるお店があると聞き、やっと行くことができました。
IMG_5622.jpgIMG_5623.jpg
焼鳥みやこ鳥です。
店内は、地元民と思われるグループや団体で賑わっておりました。
IMG_5624.jpg
飲み放題メニューですが、¥3000の宴会でもビールが飲めます。
宴会のメイン料理ですが
IMG_5625.jpgIMG_5628.jpg
鍋料理で、予約時に3種類位の鍋から、鳥たたき鍋を注文しました。
IMG_5633.jpg
こちらも選べるメニューで、予約時にかぼちゃのグラタンを注文しました。
焼鳥屋さんなので、
IMG_5636.jpgIMG_5629.jpg
鳥串豚串
IMG_5630.jpgIMG_5632.jpg
レバー砂肝などの焼鳥も頂きました。
結構、ボリュームあります。
他にも
IMG_5627.jpgIMG_5626.jpg
刺身サラダ
IMG_5635.jpg
鍋の〆も麺類と雑炊が選べて、雑炊を食べました。
IMG_5637.jpg
最後にはデザートです。
他の街なら、¥3000コースの宴会が多くあると思いますが、小樽には、なかなか見つけることができません。
焼鳥も美味しいです。
IMG_5634.jpg
通常メニューもリーズナブルです。
都通りアーケード街に、お得な良い店見つけました!。
店  名:焼鳥みやこ鳥
住  所:小樽市稲穂2丁目13-8
 地図はここ
banner2.gif ←ポチッとクリック応援よろしくね。

拍手[9回]

   
  
   
   
                       
   
私も参加してます。応援よろしくね。→ 人気blogランキングへ
皆さんご無沙汰しておりました。
ちょっと前でしたが、以前、美味しいと勧められていた焼鳥屋さんに行
くことができました。花園にある
IMG_5443.jpg
焼鳥ささきです。
マスターが1人でカウンターだけの小さなお店です。
メニューは
IMG_5439.jpg
焼鳥1本から注文できます。
IMG_5438.jpg
この日のお通しはモツ煮です。そして数本注文しました。
IMG_5440.jpg
手前が豚串で奥2本が鳥串です。
なかなか大きくジューシーな串です。
IMG_5441.jpg
手前から肉付きヤゲン軟骨砂肝鳥皮です。
表面がカリッとし、中はジューシーな感じで1本1本の焼き加減が丁寧
です。
IMG_5442.jpg
つくねです。
こちらは、作り置きではなく、注文を受けてから串に練ります。
今回は時間がなかったため、ちょっとだけでしたが、どれも丁寧で美味
しいです。
常連の方が多いみたいですが、私もやっと見つけた焼鳥屋という感じで
しょうか。また行きます!。
店  名:焼鳥ささき
住  所:小樽市花園1丁目1-8
地図はここ banner2.gif ←ポチッとクリック応援よろしくね。拍手[3回]

   
  
   
   
                       
   
私も参加してます。応援よろしくね。→ 人気blogランキングへ

すっかり、秋らしくなってきた秋分の日、いかがお過ごしでしょうか?
私は、未だ風邪を引きずっております。
先週の風邪を引く前だったと思います。
昔、一緒だったメンバーが小樽に集結しました。
遅れて来るメンバーもいることから、一次会開始を遅めにし、0次会
として、4名が参加しました。
IMG_4914.jpgIMG_4915.jpg
花園にある金太です。
店内は、レトロ感十分で、カウンターと小上がりが5卓位のお店なので、
入った時は、ほぼ満席席で賑わっておりました。
IMG_4916.jpgIMG_4917.jpg
金太の金太とは兄弟店で、値段・内容もほぼ同じです。
金太の金太はランチがあり、一品料理がありますが、こちらは焼肉メイ
ンとなっております。
まずは、みんなで乾杯後お肉が出てきました。
IMG_4918.jpg
混合と精肉です。こちらもボウルで一緒に出てきます。
IMG_4919.jpgIMG_4920.jpg
煙モクモクの中食べるお肉は美味しいです。
あっさりしていて何人前でも食べられる感じです。
でも、ここは0次会。軽くつまんで終了です。
また今度、ゆっくり食べに来ましょう!。
それと、メニューで気になったホルモン鍋を食べてみたい!。
食べた時はまた報告しますね!
店  名:金太
住  所:小樽市花園3丁目2-12
地図はここ banner2.gif
←ポチッとクリック応援よろしくね。

拍手[4回]

   
  
   
        
  
  カウンター
  今何人見てるかな?
  今日は何位?
↓クリックしてね。私も参加してます。
banner2.gif←人気blog
 ランキングへ

  カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  最近のコメント
[07/08 お名前名無さん]
[07/03 地元のケニア]
[01/04 蕎麦飲みケニア]
[11/03 震えるケニア]
[10/08 雪だるま]
  プロフィール
FFMとはFoodFighter Mの略称です
HN:
FoodFighter M
性別:
男性
自己紹介:
           OKUSAMA
           あーにゃん(娘)
           との3人家族。
      
過去記事は現在と違うことが
ありますのでご注意下さい!
  FoodFighter Mさんへ
  ブログ内検索
  FFMの食べログ版
  食べログとリンクしてみました。     …追加情報もありますよ!。…
  携帯からアクセス
  ランキング情報
  ランキングの推移がわかるよ!
  サイトマスター
  NINJABLOG
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) FFM北海道情報局 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++