忍者ブログ   
admin
  北海道の美味しい楽しい情報を お知らせします!
                       
   
私も参加してます。応援よろしくね。→ 人気blogランキングへ

函館の焼鳥を勉強したところで、〆にそばでもとなったのですが、大門
(函館駅周辺)の美味しい蕎麦屋は、早い時間に閉店とのことでした。
じゃあどうするのか?と思っていたら、「電車に乗って五稜郭(本町)
へ行こう!」となり、たぶん最終の路面電車で五稜郭に行きました。
(エッ!マジですか?。)
この路面電車も函館の主要交通機関で函館の文化ですね!。
中央病院前というところでおりて、目的の蕎麦屋へむかいます。
五稜郭(本町)は、函館のネオン街で色々なお店がありましたが、今回
行ったお店は
c39a804c.jpeg7c428c20.jpeg
三与右衛門さんたてです。
店内は、個室などもあり綺麗な居酒屋みたいお店です。
メニューを見てみましょう!。
4bc011f1.jpeg8f7bd016.jpeg
蕎麦だけでなく、蕎麦屋で一杯というような感じですね。
やはり、〆でははく、熱燗を頂きます。
bd962bef.jpeg
                                  焼きそば味噌(¥250)
香ばしい味噌を肴に一杯です。
a6174838.jpeg4d4b9ae7.jpeg
カツとじぬき? かしわぬきの様に蕎麦がなく、汁だけのものは、ぬき
と言いますが、カツ丼のご飯なしは何と言うのでしょう?。
酔っていて覚えていませんが、蕎麦屋の出汁のカツとじですので美味し
くお酒に合います。
〆に来たはずなのですが、お酒で話が盛り上がり、しばらくしてから
蕎麦を頂きました。
2797b0a2.jpeg
                                      もりそば(¥700)
4ad8c63a.jpeg
                                     かしわそば(¥800)
酔っていた私が食べたのが
70482468.jpeg
                                     鴨南そば(¥1200)
72be5c71.jpeg7c1367c0.jpeg
三たてと言うだけあって、酔っていても手打ち蕎麦の美味しさがわかり
ます。濃い目の汁がまた美味しいですね!。
蕎麦屋で一杯というのも函館ならではでしょう。
最後の熱燗が効いてかなり酔っぱらっていた私ですが、帰る途中、函館
名物を発見して寄ってしまいました。
まだ続く函館編です。(結局、連休中にUPできませんでした。)
店  名:三与右衛門さんたて(みよえもんさんたて)
住  所:函館市本町5-18
地図はここ banner2.gif
←ポチッとクリック応援よろしくね。

拍手[0回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
  カウンター
  今何人見てるかな?
  今日は何位?
↓クリックしてね。私も参加してます。
banner2.gif←人気blog
 ランキングへ

  カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 9 10
12 13 15 16 17
19 20 21 23 24
26 27 28 29 30
  最近のコメント
[01/04 蕎麦飲みケニア]
[11/03 震えるケニア]
[10/08 雪だるま]
[08/17 ブタ店長]
[07/21 突撃ケニア]
  プロフィール
FFMとはFoodFighter Mの略称です
HN:
FoodFighter M
性別:
男性
自己紹介:
           OKUSAMA
           あーにゃん(娘)
           との3人家族。
      
過去記事は現在と違うことが
ありますのでご注意下さい!
  FoodFighter Mさんへ
  ブログ内検索
  FFMの食べログ版
  食べログとリンクしてみました。     …追加情報もありますよ!。…
  携帯からアクセス
  ランキング情報
  ランキングの推移がわかるよ!
  サイトマスター
  NINJABLOG
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) FFM北海道情報局 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++